精力剤とは

精力剤とは

彼女や妻に、「年だから・・・」「忙しくて疲れているから・・・」なんて言い訳をして、セックスレスになって、二人に関係がギクシャクするなんてことは、良く聞く話ですよね。

特に、最近では、草食系男子と呼ばれる男の子が多くなり、これは、若い人だけでなく、中高年の層にも増えているようです。

男性ホルモンは20〜24歳をピークとして急激に衰え始めます。そうすると、ペニスの成長は期待できなくなるだけでなく、30歳を超えると、全身の体力の衰えを感じるようになり、性欲を感じる事が日に日に薄くなっていきます。

さらに、60歳前後になると、男性ホルモンの分泌は、人によってはピーク時の10%に落ちてしまいます。このことが、勃起不全(ED)や性力減退に繋がってくるのです。

中高年の男性が、男性としての威厳を保つためには、パワーを発揮できるよう肉食系男子を目指す時かもしれませんね。

そのためには、なによりもまず、男性ホルモンの生成力を高めて、勃起力や勃起の持続力を強化する必要がありますが、これを、日常の食生活を通じて実現することは困難です。そこで頼りになるのが精力剤です。

精力剤とは、主に、更年期以降における男性を対象とした性機能増強の薬剤で、その種類は、ペニス増大、性力増強剤、精力剤、早漏防止精力剤などがあります。

また、精力剤に含まれる成分には、日本で昔から有名なものといえば高麗人参、すっぽん、マムシなどあります。これを、世界的にみると南米由来のマカ、東南アジアのトンカットアリ、シルクロード地区のカンカ、その他トウガラシ、ノコ ギリヤシ、ビタミンE、亜鉛など数多く存在します。


 

サイトマップ